製品・サービス提供社と導入検討者をつなぐポータルサイト

注目の資料

進化する企業の採用 ~最新の採用トレンド 2017 年度版~第1回

時代の変化とともに、企業の採用手法は進化しています。日本は、世界的に見ても採用が難しい国であり、これまでの採用手法だけでは企業が「優秀な人材」を獲得することが難しくなっています。 全2回シリーズの本レポートの第1回では、現在の採用環境や最新の採用トレンド、その一つであるリクルートメント・マーケティングの考え方を事例を交えてご紹介します。

「面接」と「面談」を使い分ける理由~効果的な質問事例50選~

採用難の現代において、母集団形成は課題の一つです。 待っているだけでは候補者は集まりませんし、優秀な方と会うチャンスは少なくなります。 質の高い候補者をより多く集めるためには、採用したいと思う人材に 企業自ら積極的に声をかけて母集団を作っていく必要があるのです。 そして、その際に有用なのが「面談」です。 採用の場でよく行われるのは「面接」だと思いますが、 「面接」と「面談」を上手く使い分けることによって、 優秀な候補者の転職意欲を引き出し、母集団の質を高められるのです。 この資料では「面接」と「面談」とでは何が違うのか、 どのように使い分けるのとより効果的なのかをご紹介いたします。

面接のトリセツ #1

採用活動における課題の一つに、「面接官による評価のバラつき」があります。 面接の評価は個人の主観による部分が少なくなく、面接官によって評価・判断が 分かれるケースが起こりやすいものです。 この評価のズレによって、優秀な人材を逃してしまったり 期待に反した人材を採用してしまうリスクもあります。 本資料では、採用の判断基準を標準化するために 効果的な、面接法をご案内します。 効率的な面接を実施したい経営者・採用担当者様 「必見」の資料となっております。ぜひご一読ください。