営業力強化に関する資料。【営業向け】

営業力強化に関するこちらのページでは、自社の営業力を高めるツール・サービスをご紹介しています。売上目標を達成する為、営業管理のシステムを導入したり、営業研修で社員のスキルを高めたり、営業代行会社を頼ってみたりと、手法は様々です。是非最適な解決策を見つけてください。
営業向け資料のバナー
261ページ / 3ページ中

御社に新たな成長エンジンを作りませんか?① ~ 試行錯誤のイノベーション・プロジェクト(前編) ~

「次の事業成長を支えるような新しい商品、新しい市場、新しい顧客獲得方法を、いかに生み出していくか?」が多くの企業で重要な経営課題と認識されています。多くの産業が成熟期に入る中、新たな成長エンジンを作らないと、勝ち残れないという危機感が経営者の脳裏にあるのだと思います。   弊社にもお客様からご相談いただくことがありますが、この課題解決のための “こうすれば上手くいく” 普遍の原則(魔法の杖)はありません。試行錯誤で解 を創っていくしかありません。   このレポートでは、その試行錯誤体験から得たいくつかの知見をお届けします。(その知見が私どもの独善的見解にならないよう、新規事業やイノベーションに関する先行研究や調査データを参考にしながらお伝えします)。 ※同業者の方のダウンロードは固くお断りします。

営業現場のOJTは機能していますか? ~ いかに顧客アプローチの質を上げ、接点量を増やすか ~

OJT(On the Job Training:仕事を通じた指導育成)が人材育成の基本だと言われます。しかし、何かとOJTがやり難い昨今です。例えば、下記のようなお嘆きが・・・。 ・ハラスメント、メンタル、残業規制 等、リーダーが気を遣うことが  多過ぎる ・リーダーがプレイングマネジャーで忙しく部下の面倒を見ている  時間がない ・ 足元の業績偏重で、人材育成が後回しになっている   営業現場のOJTについて、営業リーダー、営業企画部、営業責任者、人材開発の方々のお役に立てるレポートです。どうぞご覧になってください。 ※同業者の方のダウンロードは固くお断り致します。

御社の営業会議は業績に貢献しているか?~御社の営業ミーティングがダメな理由~

創業以来約20年間、営業会議に関連する研修や営業実地指導コンサルティングを数多く手掛けてまいりました。 それらの指導経験を振り返りながら、「業績に貢献する営業会議のあり方・やり方」を、読者の皆様にお届けします。 “営業会議をもっと実のあるものにしたい” “営業会議の生産性を上げたい” “営業会議を通じて戦略の実行度を高めたい” とお考えの営業リーダー・マネジャー、営業企画部、営業責任者の方々のお役に立てれば幸いです。 ※同業者の方のダウンロードは固くお断りいたします。

エンジニアは営業以上に営業たれ ~ エンジニア(SAE・CE・SE)が顧客とつながる力 ~

「エンジニアは営業以上に営業たれ」 最近、このようなフレーズもよく聞かれるようになりました。 ここで言う営業とは、モノを売ることではなく、「相手(顧客)との信頼関係を深める」という意味です。 そういう意味では、営業パーソンが営業なのは当然として、エンジニアにも営業が期待されています。 エンジニアの顧客対応の差が、競合企業との差異化につながり、企業収益に大きく影響するからです。このレポートでは、下記3種のエンジニアについて述べていきます。   ① メーカーの研究開発・設計エンジニア(P2~4) ② メーカーのアフターサービスエンジニア(P5~6) ③ システムインテグレーターのシステムエンジニア(P7~8) 御社の「営業力強化(顧客との信頼関係深化)」に、是非お役立てください。 ※同業者の方のダウンロードは固くお断り致します。

事業戦略実行力強化プログラム(ミドルマネージャー対象)~中計実現のキーマンとして、マネジメント行動を変える ~

<概要> 「中計が画に描いた餅」「ミドルマネジャーが中計実現のボトルネックになっている」 経営者からよく聞く嘆きです。 この問題を解決するには、ミドルマネジャー(管理職)のマネジメント力強化が不可欠です。 ●上位方針を踏まえ、自部署が取り組むべき重点課題を設定し実現  行動シナリオを策定する。 ●マネジメントサイクルを回して人と組織を動かして成果を上げる  経験を積みながら、マネジャーとして一皮むける経験を積む(「事業計画の達成」と「マネジャーの成長」を同時追求する)。 ●マネジメント実務を題材に進める実践プログラム。 ※一過性の“お勉強”“やりっ放し”の研修ではなく、現場での実行を  コミットして取り組む。

【経営者・営業責任者・人事教育責任者の方必見】研修成果を上げる7つのポイント

経営者・営業責任者・人事教育責任者から下記のような声をお聞きします。 ☑ 多くの受講者が“勉強になった”とアンケートには書くが、効果が一時的。 ☑ 研修中は盛り上がり、その気になるが、現場での行動が変わらない。 ☑ 実践が伴わない、その場限りの研修はもう御免だ。 ☑ もっと実のある経営に直結する研修を考えたい。 * 「貴重な教育予算、もっと有効に使っていただきたい」という私たちの 想いから生まれた、研修を企画・実施する前に知っておきたい「虎の巻」です。

【成功事例】ロータスノーツからの移行

働き方改革が求められている現在、企業におけるナレッジマネジメントを成功させることは、その企業にとって重要な経営課題になって下ります。 従来から引き継いだIT資産を利活用できる最新技術を採用したWebシステムで、貴社の継続的な発展を図ることを可能とします。

261ページ / 3ページ中