人材育成・社員研修に関する資料。【人事向け】

人材育成・社員研修に関するこちらのページでは、新人育成・新人教育から管理職スキルアップまで、様々な役職向けの研修をご紹介致します。一言に研修と言っても、座学だけの研修や、グループワークを用いた研修、ゲーム研修等、様々な種類があります。
人事向け資料のバナー
351ページ / 4ページ中

御社に新たな成長エンジンを作りませんか?②~試行錯誤のイノベーションプロジェクト(後編)~

「次の事業成長を支えるような新事業(新商品、新市場、新規顧客)をいかに生み出していくか?」が多くの企業で、重要な経営課題と認識されています。 この課題について、お客様からご相談いただくことが昨今増えております。このレポートでは、営業部門を核に「営・技・製の連携で新商品開発」に取り組んだプロジェクト事例を紹介します。 下記の方々の問題意識にお応えできるレポートです。 ・イノベーションを求めている経営者 ・新事業の推進に組織的課題を感じている経営企画室 ・新商品開発・新市場開発・新規顧客開拓を加速させたい事業部 ・イノベーション人材の育成・輩出を模索している人材開発 ※同業者の方のダウンロードは固くお断り致します。

【経営者・事業責任者の方必見】御社の経営計画実行力を強化する7つのポイント

✔経営計画や方針が本当に現場に浸透しているか? ✔現場の動きが経営計画や方針の意図した方向へ変わっているか? ✔経営計画や方針が「絵に描いた餅」になっている! 株式会社マネジメントパートナーが創業から19年間、現場レベルのコンサルティングで掴んだノウハウから、実務的なヒントをお届けします。 巻末には「経営計画実行力を強化する」ためのチェックリストを用意しましたの、どうぞご活用ください。

【調査レポート】「研修効果を高めるための取り組みに関するアンケート調査 」~ 各社の取り組み実態と問題意識を共有する ~

【この調査について】 研修効果を高めるためには、下記3点がポイントだと言われます。 ① 研修が“やりっ放し”にならないよう、研修前・中・後のストーリー で企画する ② 研修中の満足度だけでなく、研修後の現場での行動変容を見る ③ 受講者の行動変容とその継続のために上司を巻き込む * それらの背景として「40:20:40の法則」という説が唱えられ ている しかし「こうすれば必ず効果が高まる」という正解があるわけではありません。各社で様々な試行錯誤を続けているのが現実だと思います。「人材開発の課題は何か?」「力を入れて育成したい対象層はどこか?」「社員に身に付けてほしい能力は何か?」といった調査レポートはしばしば見かけますが、「研修効果を高めるための取り組み」に関する調査レポートはあまり見たことがありません。あったとしても、概念的な話にとどまっており、人事教育担当者の生々しい声はあまり公に語られていません。 そこで今回、「研修効果を高める」ための各社での取り組み実態を明らかにすると同時に、人事教育担当者の生々しい声を共有し、研修効果を高めるためのヒントをご提供したいという想いでこの調査レポートを発行しました。今回の調査レポートは、200名近い方々のアンケートデータが基になっています。ご協力いただいた皆様に厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございます。 ※同業者の方のダウンロードは固くお断り致します。 このレポートが、御社での研修効果を高める一助になれば幸いです。

御社に新たな成長エンジンを作りませんか?① ~ 試行錯誤のイノベーション・プロジェクト(前編) ~

「次の事業成長を支えるような新しい商品、新しい市場、新しい顧客獲得方法を、いかに生み出していくか?」が多くの企業で重要な経営課題と認識されています。多くの産業が成熟期に入る中、新たな成長エンジンを作らないと、勝ち残れないという危機感が経営者の脳裏にあるのだと思います。   弊社にもお客様からご相談いただくことがありますが、この課題解決のための “こうすれば上手くいく” 普遍の原則(魔法の杖)はありません。試行錯誤で解を創っていくしかありません。   このレポートでは、その試行錯誤体験から得たいくつかの知見をお届けします。(その知見が私どもの独善的見解にならないよう、新規事業やイノベーションに関する先行研究や調査データを参考にしながらお伝えします)。 ※同業者の方のダウンロードは固くお断りします。

人事制度改定・見直しのポイント② ~人事制度を点検する視点 ~

企業間競争の激化、労働人口の減少に伴う人材獲得競争の激化、働き方改革関連法の成立を機に、従来の人事制度を見直す動きが加速しています。例えば、 ・「目標管理制度の見直し」 ・「職能資格制度から責任等級制度への移行」 ?「上下間でのキメ   細かい面談制度の導入(1on1)」 ・「ランク付けによる相対評価の廃止(ノーレイティング)」 等です。これは、現行制度をバージョンアップするチャンスと言え ますが、人事部門の負荷が増したり、コストUPにつながりか ねない状況もあるようです。 今回のレポートでは、人事制度の見直しに投資するコスト・エネルギーに見合ったリターンを得るための視点を整理してお伝えします。貴社で人事制度の見直しをご検討の際に、どうぞお役立てください。 ※同業者の方のダウンロードは固くお断り致します。

営業現場のOJTは機能していますか? ~ いかに顧客アプローチの質を上げ、接点量を増やすか ~

OJT(On the Job Training:仕事を通じた指導育成)が人材育成の基本だと言われます。しかし、何かとOJTがやり難い昨今です。例えば、下記のようなお嘆きが・・・。 ・ハラスメント、メンタル、残業規制 等、リーダーが気を遣うことが  多過ぎる ・リーダーがプレイングマネジャーで忙しく部下の面倒を見ている  時間がない ・ 足元の業績偏重で、人材育成が後回しになっている   営業現場のOJTについて、営業リーダー、営業企画部、営業責任者、人材開発の方々のお役に立てるレポートです。どうぞご覧になってください。 ※同業者の方のダウンロードは固くお断り致します。

御社の営業会議は業績に貢献しているか?~御社の営業ミーティングがダメな理由~

創業以来約20年間、営業会議に関連する研修や営業実地指導コンサルティングを数多く手掛けてまいりました。 それらの指導経験を振り返りながら、「業績に貢献する営業会議のあり方・やり方」を、読者の皆様にお届けします。 “営業会議をもっと実のあるものにしたい” “営業会議の生産性を上げたい” “営業会議を通じて戦略の実行度を高めたい” とお考えの営業リーダー・マネジャー、営業企画部、営業責任者の方々のお役に立てれば幸いです。 ※同業者の方のダウンロードは固くお断りいたします。

エンジニアは営業以上に営業たれ ~ エンジニア(SAE・CE・SE)が顧客とつながる力 ~

「エンジニアは営業以上に営業たれ」 最近、このようなフレーズもよく聞かれるようになりました。 ここで言う営業とは、モノを売ることではなく、「相手(顧客)との信頼関係を深める」という意味です。 そういう意味では、営業パーソンが営業なのは当然として、エンジニアにも営業が期待されています。 エンジニアの顧客対応の差が、競合企業との差異化につながり、企業収益に大きく影響するからです。このレポートでは、下記3種のエンジニアについて述べていきます。   ① メーカーの研究開発・設計エンジニア(P2~4) ② メーカーのアフターサービスエンジニア(P5~6) ③ システムインテグレーターのシステムエンジニア(P7~8) 御社の「営業力強化(顧客との信頼関係深化)」に、是非お役立てください。 ※同業者の方のダウンロードは固くお断り致します。

事業戦略実行力強化プログラム(ミドルマネージャー対象)~中計実現のキーマンとして、マネジメント行動を変える ~

<概要> 「中計が画に描いた餅」「ミドルマネジャーが中計実現のボトルネックになっている」 経営者からよく聞く嘆きです。 この問題を解決するには、ミドルマネジャー(管理職)のマネジメント力強化が不可欠です。 ●上位方針を踏まえ、自部署が取り組むべき重点課題を設定し実現  行動シナリオを策定する。 ●マネジメントサイクルを回して人と組織を動かして成果を上げる  経験を積みながら、マネジャーとして一皮むける経験を積む(「事業計画の達成」と「マネジャーの成長」を同時追求する)。 ●マネジメント実務を題材に進める実践プログラム。 ※一過性の“お勉強”“やりっ放し”の研修ではなく、現場での実行を  コミットして取り組む。

賢い母集団の作り方ガイドブック ~コストを削減しながら、若手優秀人材を確実に採用する~

採用活動にはさまざまな悩みや課題がつきものです。特に、採用活動の根幹をなす「母集団形成」に関する課題は切実です。人材獲得競争が激化している現在において、採用活動の成功につながる、より精度の高い母集団形成施策を実行するためには、自社の課題やニーズを整理し、適切に把握することが肝要です。 そこで本資料では、はじめに母集団形成における課題を自己診断できる「3つのチェックシート」をご用意しました。ひとつずつチェックしていくことで、これまでの母集団形成施策のどこに課題があるのか、洗い出すことができるでしょう。 また、チェックシートで明らかになった課題に対して、実際の事例をもとに具体的な解決策のヒントをご紹介していきます。

351ページ / 4ページ中