人事評価システム

人事向け資料のバナー
31ページ / 1ページ中

人事制度改定・見直しのポイント①~なぜ評価制度から改定するのが得策なのか?~

昨今、「社員満足度調査」などを定期的に実施する企業が増えています。こうした調査の結果として「人事制度への不満足度」が高いことが明らかになり、制度の改定に着手するというケースも増えて います。制度を設計した当時とはビジネスを取り巻く環境が変わってますので、制度を変える必要があるのは当然なのですが、一方で、変化が常態化した時代、新たに作った制度も、すぐに不満が出る懸念もあるのではないでしょうか。 今回のレポートでは、そんな状況に陥らないようにするために、評価制度の活用についてまとめてみました。貴社で人事制度の見直しをお考えの際にお役立てください。

人事制度改定・見直しのポイント② ~人事制度を点検する視点 ~

企業間競争の激化、労働人口の減少に伴う人材獲得競争の激化、働き方改革関連法の成立を機に、従来の人事制度を見直す動きが加速しています。例えば、 ・「目標管理制度の見直し」 ・「職能資格制度から責任等級制度への移行」 ?「上下間でのキメ   細かい面談制度の導入(1on1)」 ・「ランク付けによる相対評価の廃止(ノーレイティング)」 等です。これは、現行制度をバージョンアップするチャンスと言え ますが、人事部門の負荷が増したり、コストUPにつながりか ねない状況もあるようです。 今回のレポートでは、人事制度の見直しに投資するコスト・エネルギーに見合ったリターンを得るための視点を整理してお伝えします。貴社で人事制度の見直しをご検討の際に、どうぞお役立てください。 ※同業者の方のダウンロードは固くお断り致します。

人事制度改定で成功するために外せない3つのアクション~経営成果実現を促進させる~

このレポートでは、どんな考え方をすれば現実的な改定になるのか?また経営成果の実現に向けて機能するのか?さらにそれらが手段の目的化に陥らないために人事・評価制度のそもそもの目的は何か?を踏まえながらわかりやすく改訂のポイントを解説しています。

31ページ / 1ページ中