人材育成・社員研修・採用支援・勤怠管理に関する資料。【人事向け】

人事担当者向けの資料に関するこちらのページでは、人材育成、社員研修や新卒採用・中途採用、勤怠管理まであらゆる人事まわりの課題解決に関わる資料を無料でダウンロードが可能です。
人事向け資料のバナー
834ページ / 9ページ中

人材教育と経営をつなげて 考える人の人間観・教育観~ 能力向上が目的化すると、教育は上手くいかない ~

当社の社員(コンサルタント、営業担当)が出会った教育担当者は、今までに総勢10,000名を越えます。本当にプロ顔負けの見識をお持ちの方もいらっしゃいます。 その中からお1人、西川さん(仮名)という方にご協力いただき、「教育担当者の役割は何か?」「どういうスタンスで教育を企画したらいいのか?」など、想いを語っていただきました。 西川さんのお話の中から、御社の人材教育に活かせるヒントを掴んでいただければ幸いです。

新人の導入教育設計のポイント~ ティーチング要素とラーニング要素を組み合わせる ~

学生の売り手市場が続く中、採用活動の苦労が絶えません。 苦労して採った貴重な人材を組織貢献できる人財に育て・定着させるための試行錯誤は続きます。 今回のレポートでは、「新人の導入教育を設計する際のポイント」を、事例を交えてお伝えします。 御社の「新入社員の育成と定着化」の一助にお役立てください。 ※同業者の方のダウンロードは固くお断りさせていただきます。

3者(若手・OJTリーダー・管理職)連動研修プログラム~3者(若手・OJTリーダー・管理職)をドッキングさせて、若手社員の育成長・定着をサポート~

「若手社員定着の3大要因に効く企画。3者が連動してこそ若手社員は育つ」 「採れない、育たない、居つかない」 若手人材に関する三重苦と言われます。人材採用・教育には多大なコストがかかっており、一人前になる前に辞められてしまうと、採用・育成投資の元が取れず、経営上大きな損失です。とは言っても、「辞めさせないこと」が目的ではなく、若手社員に1日も早く力を付けてもらい、成長実感・組織への貢献感を味わい、結果として、組織への愛着が高まり、定着率が上がる・・・というシナリオを描いていくのが王道です。

面接のトリセツ #2

面接で優秀だと判断した人材が、入社後、期待したほどの成果を出せなかった。 このような苦い経験をお持ちの人事・採用担当者様も、多いのではないでしょうか。 こうした入社前後のギャップを防ぐために 「その素質を見抜く面接を、いかに効率的に行うか」は 大きなテーマであるといえます。 本資料では、効率的な面接を実施するために 「コンピテンシー面接」と「プレゼンテーション面接」の 2つの手法をご紹介します。 効率的な面接を実施したい経営者・採用担当者様 「必見」の資料となっております。ぜひご一読ください。

面接のトリセツ #1

採用活動における課題の一つに、「面接官による評価のバラつき」があります。 面接の評価は個人の主観による部分が少なくなく、面接官によって評価・判断が 分かれるケースが起こりやすいものです。 この評価のズレによって、優秀な人材を逃してしまったり 期待に反した人材を採用してしまうリスクもあります。 本資料では、採用の判断基準を標準化するために 効果的な、面接法をご案内します。 効率的な面接を実施したい経営者・採用担当者様 「必見」の資料となっております。ぜひご一読ください。

「面接」と「面談」を使い分ける理由~効果的な質問事例50選~

採用難の現代において、母集団形成は課題の一つです。 待っているだけでは候補者は集まりませんし、優秀な方と会うチャンスは少なくなります。 質の高い候補者をより多く集めるためには、採用したいと思う人材に 企業自ら積極的に声をかけて母集団を作っていく必要があるのです。 そして、その際に有用なのが「面談」です。 採用の場でよく行われるのは「面接」だと思いますが、 「面接」と「面談」を上手く使い分けることによって、 優秀な候補者の転職意欲を引き出し、母集団の質を高められるのです。 この資料では「面接」と「面談」とでは何が違うのか、 どのように使い分けるのとより効果的なのかをご紹介いたします。

【経営者・事業責任者の方必見】御社の経営計画実行力を強化する7つのポイント

✔経営計画や方針が本当に現場に浸透しているか? ✔現場の動きが経営計画や方針の意図した方向へ変わっているか? ✔経営計画や方針が「絵に描いた餅」になっている! 株式会社マネジメントパートナーが創業から19年間、現場レベルのコンサルティングで掴んだノウハウから、実務的なヒントをお届けします。 巻末には「経営計画実行力を強化する」ためのチェックリストを用意しましたの、どうぞご活用ください。

【経営者・営業責任者・人事教育責任者の方必見】研修成果を上げる7つのポイント

経営者・営業責任者・人事教育責任者から下記のような声をお聞きします。 ☑ 多くの受講者が“勉強になった”とアンケートには書くが、効果が一時的。 ☑ 研修中は盛り上がり、その気になるが、現場での行動が変わらない。 ☑ 実践が伴わない、その場限りの研修はもう御免だ。 ☑ もっと実のある経営に直結する研修を考えたい。 * 「貴重な教育予算、もっと有効に使っていただきたい」という私たちの 想いから生まれた、研修を企画・実施する前に知っておきたい「虎の巻」です。

研修オブザーバーを有効活用する ~どういう意図を持って誰を呼ぶか?~

「研修投資の元を取る」施策のひとつとして「オブザーバーの有効活用」についてお伝えします。研修は通常「受講者、講師、事務局」で開催されますが、その場にオブザーバー(見学者)を呼ぶことで、研修の費用対効果を上げようという施策です。「受講者上司をいかに研修に巻き込むか?」に頭を痛めている教育担当者は少なくないと思いますが、そのお悩み解決のヒントにもなると思います。研修効果を高める一助に、このレポートを是非お役立てください

イノベーションスピリットを呼び覚ませ ~理屈・スキルよりも意欲と行動~

「新商品が出てこない」「イノベーティブなアイデアが出てこない」 という話をよく耳にします。 イノベーションに関する研究は数多あり、様々な発想法・創造性開発手法 などが紹介されています。今回のレポートでは、 〔新しいアイデア= 知識×発想法×心的態度〕のうち 「心的態度(←脳機能の働き)」の観点から、お役立ち情報をお届けします。

834ページ / 9ページ中