とれわか厳選!総務・人事担当者向け

こちらの総務・人事担当者向け特集ページでは、クラウド型業務システム、紙の給与明細書をデータ化し、Webで確認するサービスなどコスト削減に役立つあなたのビジネスの目的に合った資料を無料でダウンロードできます。
特集・ランキング資料のバナー
513ページ / 6ページ中

「面接」と「面談」を使い分ける理由~効果的な質問事例50選~

採用難の現代において、母集団形成は課題の一つです。 待っているだけでは候補者は集まりませんし、優秀な方と会うチャンスは少なくなります。 質の高い候補者をより多く集めるためには、採用したいと思う人材に 企業自ら積極的に声をかけて母集団を作っていく必要があるのです。 そして、その際に有用なのが「面談」です。 採用の場でよく行われるのは「面接」だと思いますが、 「面接」と「面談」を上手く使い分けることによって、 優秀な候補者の転職意欲を引き出し、母集団の質を高められるのです。 この資料では「面接」と「面談」とでは何が違うのか、 どのように使い分けるのとより効果的なのかをご紹介いたします。

【組織開発のリーダー養成!】チームビルディングキャンプ

チームビルディングに必要な2つのサイクル:経験学習サイクルと関係性構築サイクル こうした経験学習サイクルおよび関係性構築サイクルを個人および組織にビルドインすることで、 継続的な成長を創造するチームを作り上げることができる。 このチーム作りをリードする変革エージェントを養成するプログラムです。

進化する企業の採用 ~最新の採用トレンド 2017 年度版~第1回

時代の変化とともに、企業の採用手法は進化しています。日本は、世界的に見ても採用が難しい国であり、これまでの採用手法だけでは企業が「優秀な人材」を獲得することが難しくなっています。 全2回シリーズの本レポートの第1回では、現在の採用環境や最新の採用トレンド、その一つであるリクルートメント・マーケティングの考え方を事例を交えてご紹介します。

生産性向上のカギを握るモチベーション改革 - 「働き方改革」は1人1人の「マインド改革」から

★現場の社員は“当事者意識”を持って取り組んでいますか? 「働き方改革」に対する問題意識は日増しに高まっていますが、 実際の働き手である現場社員の取り組み意欲はいかがでしょうか? 現場が“ヤラサレ”意識では生産性向上の知恵は湧かず、働き方改革 は行き詰まってしまいます。 このレポートでは、社員の主体的・意欲的な取り組みを促すための 実務的なヒントをお届けします。

人事教育責任者必見! 若手社員 早期育成のポイント

人事教育責任者から下記のような声をお聞きします。 ☑ 苦労して採った新人・若手に、早く育ってほしい。 ☑ 指示された最低限の仕事はやるがそれ以上の工夫が見られない。 ☑ 仕事が上手くいかないと周囲のせいにする(他責思考グセ)。 ☑ 少し厳しめに指導するとすぐに辞めてしまう。 ☑ 業務知識・スキルの教育も大事だが、それを活かす前提が崩れ  ているような気がする。 ☑ 若手が育ってくれないと、会社も先細っていってしまう。 今や若手社員の早期戦力化は、企業の死活問題であり、 経営の最重要課題と言っても過言ではありません。 「最近の若者はゆとり世代だから・・・」と嘆いていても、 何の問題解決にもなりません。 この資料をお読みいただき、実践につがるヒントを掴んで いただきたいと思います。

配属先の先輩・上司は新入社員とどう関わるべきか? - 2018年度「新人社員研修」を担当した講師の実感

この春卒業した大学生の就職率が過去最高の98%となり、 大卒のほぼ全員が就職できる「全就職」時代を迎えました。 2000年前後の就職氷河期入社世代や、リーマンショック後の 就職難時代の入社世代からすると、別世界のようです。 新入社員をはじめとする若手社員の価値観を、育成する側(主に 30代以降)はどれだけ理解できているでしょうか? 「今の若者は、育成する側が育ってきた時代とは、価値観が違う んだ」。この理解ができるか否かがOJTの効果を左右します。 このレポートでは、2018年度「新入社員研修」担当を通じて 感じたことを踏まえ、昨今の若者の傾向を整理し、育成する側が 「まず何から始めれば良いか?」をお伝えします。

513ページ / 6ページ中