消費動向

232ページ / 3ページ中

【2011年5月】消費動向に関する調査レポート

消費者の「今の生活状況」を所得・消費・行動の観点で過去と比較し、景気動向判断の基礎資料獲得を目的として、全国20~69歳の男女(人口構成比に基づいて割付)を対象に年に数回調査を行っています。 調査期間:2011年5月13日(金)~ 2011年5月15日(日)

【2011年4月】消費動向に関する調査レポート

消費者の「今の生活状況」を所得・消費・行動の観点で過去と比較し、景気動向判断の基礎資料獲得を目的として、全国20~69歳の男女(人口構成比に基づいて割付)を対象に年に数回調査を行っています。 今回は、2011年3月11日に発生し、未曾有の被害をもたらした「東日本大震災」後の生活者の動向変化を観測するために、変則的に2011年4月に調査を実施し、2011年2月との比較を地域別に行いました。 調査期間:2011年 4月11日(月)~2011年4月13日(水)

【2011年2月】消費動向に関する調査レポート

消費者の「今の生活状況」を所得・消費・行動の観点で過去と比較し、景気動向判断の基礎資料獲得を目的として、全国20~69歳の男女(人口構成比に基づいて割付)を対象に年に数回調査を行っています。 調査期間:2011年2月8日(火)~2011年2月9日(水)

【2010年11月】消費動向に関する調査レポート

消費者の「今の生活状況」を所得・消費・行動の観点で過去と比較し、景気動向判断の基礎資料獲得を目的として、全国20~69歳の男女(人口構成比に基づいて割付)を対象に年に数回調査を行っています。 調査期間:2010年11月8日(月)~2010年11月9日(火)

【2010年8月】消費動向に関する調査レポート

消費者の「今の生活状況」を所得・消費・行動の観点で過去と比較し、景気動向判断の基礎資料獲得を目的として、全国20~69歳の男女(人口構成比に基づいて割付)を対象に年に数回調査を行っています。 調査期間:2010年8月6日(金)~2010年8月8日(日)

男性の消費に関する調査レポート

近年、女性の労働環境が以前より整備され「夫婦共働き」が増加傾向にあると言われています。女性が稼いで消費することに対して関心が寄せられる一方で、男性といえば家事や育児参加のみに社会的関心が集まり、男性が個人として「消費活動」を行うことに、これまであまり関心が払われませんでした。これらの状況を背景に、本調査では、妻と同居している30~69歳男性の消費行動にスポットをあて、日本以外の世界4か国(中国、アメリカ、イギリス、イタリア)も交えながら個人の消費行動の現状やパターンを明らかにします。

【2010年5月】消費動向に関する調査レポート

消費者の「今の生活状況」を所得・消費・行動の観点で過去と比較し、景気動向判断の基礎資料獲得を目的として、全国20~69歳の男女(人口構成比に基づいて割付)を対象に年に数回調査を行っています。 調査期間:2010年5月14日(金)~2010年5月15日(土)

【2010年2月】消費動向に関する調査レポート

消費者の「今の生活状況」を所得・消費・行動の観点で過去と比較し、景気動向判断の基礎資料獲得を目的として、全国20~69歳の男女(人口構成比に基づいて割付)を対象に年に数回調査を行っています。 調査期間:2010年2月8日(月)~2010年2月9日(火)

【2009年11月】消費動向に関する調査レポート

消費者の「今の生活状況」を所得・消費・行動の観点で過去と比較し、景気動向判断の基礎資料獲得を目的として、全国20~69歳の男女(人口構成比に基づいて割付)を対象に年に数回調査を行っています。 調査期間:2009年11月9日(月)~2009年11月10日(火)

【2009年8月】消費動向に関する調査レポート

消費者の「今の生活状況」を所得・消費・行動の観点で過去と比較し、景気動向判断の基礎資料獲得を目的として、全国20~69歳の男女(人口構成比に基づいて割付)を対象に年に数回調査を行っています。 調査期間:2009年8月7日(金)~2009年8月10日(月)

232ページ / 3ページ中