住まい・暮らし

91ページ / 1ページ中

F1層のライフコースとお小遣いに関する調査レポート

F1層のライフステージの違いによる結婚観やお小遣い事情は? 「消費活動が旺盛で流行に敏感」で、あらゆる分野の商品・ターゲットにされる傾向にあるF1層。 ※F1層・・・20~34歳の女性 就職・結婚・出産など、生活状況の大きく変化する層でもあり、ライフコースに対する考え方やお小遣い事情はライフステージや生活環境によってどのように変化するのか?以下の点について1都3県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)の20~34歳の女性へ調査しました。 (1)F1層の今後のライフコースに対する意識やお小遣い事情について (2)ライフステージや生活状況別に比較 調査期間  : 2013年9月

高額商品の購入をめぐる意識調査

「アベノミクス」や「消費増税」は消費者にどのような影響を与えているのか?消費者の購入における意識変化とは? 今回は10万円以上の商品購入を「高額消費」と定義、高額消費の実態から消費者の意識を調査しました。 調査期間 : 2013年7月5日(金)~7月6日(土)

若者に関する調査レポート

株式会社クロス・マーケティングは株式会社宣伝会議と共催している「インサイトスコープProjectセミナー」内での講演内容として使用される調査データを収集するために、全国の20~29歳男女学生、20~29歳男女有職者、30~59歳男女有職者へ調査を実施しました。 今回のテーマは『仲間が大切。自分都合でゆるいつながり 若者インサイト』。本レポートでは、若年層の“つながりたい”意識や普段の行動などを抽出してご紹介しています。

男性の消費に関する調査レポート

近年、女性の労働環境が以前より整備され「夫婦共働き」が増加傾向にあると言われています。女性が稼いで消費することに対して関心が寄せられる一方で、男性といえば家事や育児参加のみに社会的関心が集まり、男性が個人として「消費活動」を行うことに、これまであまり関心が払われませんでした。これらの状況を背景に、本調査では、妻と同居している30~69歳男性の消費行動にスポットをあて、日本以外の世界4か国(中国、アメリカ、イギリス、イタリア)も交えながら個人の消費行動の現状やパターンを明らかにします。

91ページ / 1ページ中