CVSの利用実態調査レポート

本資料の概要

コンビニ利用者が今後充実を希望しているものは、飲食物のほか「住民票や印鑑証明等の受け取り」、「イートインコーナー」などのサービスが上位に

本資料の詳細

日々の生活に欠かせない存在のCVS(コンビニエンスストア)。
2013年3月末時点で、同協会加盟チェーンの国内店舗数は、47,000店舗以上になり、従来のCVS市場は飽和との声も聞かれます。

そんな中、CVS各社は従来の枠組みを超え、青果販売やカフェ業態の取込み、医薬品販売、宅配などによる更なる成長機会を模索し、業態間の垣根は、従来より低くなっています。

今回の調査では、生活者がどのように他業態を使い分けしているかを利用者の視点から明らかにしました。

調査期間  :2013年9月27日(金)~2013年9月30日(月)

この資料を読んで、市場調査・マーケティングリサーチにご興味をお持ちの方は、下記までご気軽にお問い合わせください。

調査のご相談はこちら
[[https://www.cross-m.co.jp/inquiry/consultation/]]

見積もりのご依頼はこちら
[[https://www.cross-m.co.jp/inquiry/estimate/]]

無料お試し調査の申し込みはこちら
[[https://www.cross-m.co.jp/trial/]]

資料情報

サービスカテゴリ 消費動向住まい・暮らし
対象業種全企業
対象会社規模企業規模問わず
更新日2014年3月12日12:16:12

企業情報

企業名 株式会社クロス・マーケティング(自主調査レポート係)
株式会社クロス・マーケティング(自主調査レポート係)のサムネイル
設立 2003年4月1日
従業員数 553名(うち、臨時従業員84名)
電話番号 0120-198-022

»株式会社クロス・マーケティング(自主調査レポート係)の詳細はこちら

他の資料を探す