【研修担当者必見】研修投資が“もったいない”ことになっていませんか?

本資料の概要

✔研修投資の「元が取れてる」会社と「損してる」会社の違いはどこにあるか?
✔研修効果を高めるために、担当者としてどう考え何をしたら良いか?
✔貴重なお金と時間をかけて研修するなら、より効果の上がることを考えたい!

株式会社マネジメントパートナーが創業から19年間、10,000回を超える研修実績から得た実務的なヒントをお届けします。
巻末には「研修効果を高める(元を取る)ためのチェックリスト20」を用意しましたので、どうぞご活用ください。

本資料の詳細

<コンテンツ>
1.研修効果を上げたかったら、研修実施前後のことに目を向けよう
2.研修に熱心な会社が陥りがちな落とし穴を知っておこう
3.研修効果を上げている会社は「研修で人が育つ」とは思っていない
4.研修をどのような“場”と位置付けるか?
5.人材育成の発想を「インプット重視」から「アウトプット重視」へ
6.研修効果を活かすも殺すも上司の関わり方次第
7.研修アンケートでは「受講満足度」を聴くのではなく○○を問う
8.研修後“やりっ放し”にせず、モニタリングする
※研修効果を高める(元を取る)ためのチェックリスト20

導入実績について

『研修成果を上げる7つのポイント』と合わせてどうぞ!

『研修成果を上げる7つのポイント』は、おかげさまで大好評を得ています。
この「とれわか」でも、1,500件以上ダウンロードされいます。
今回の資料『研修投資が“もったいない”ことになっていませんか?』は
『研修成果を上げる7つのポイント』と併せてご覧いただくと更に有益です。

資料情報

サービスカテゴリ 人材育成・社員研修人気資料TOP10人材雇用・育成に関する特集
対象業種全企業
対象会社規模~2999名
更新日2018年3月9日15:14:48

企業情報

企業名 株式会社マネジメントパートナー
株式会社マネジメントパートナーのサムネイル
業種 コンサル・会計・法務関連
設立 1999年4月1日
従業員数 17名
電話番号 03-5805-3671

»株式会社マネジメントパートナーの詳細はこちら

他の資料を探す