人材データベースを活用した採用と、人材紹介会社を利用した採用の違い

本資料の概要

自社の採用強化につながる

本資料の詳細

景気の回復による需要増加、企業間競争のグローバル化による国境を越えた人材の奪い合い、テクノロジーの進化による採用手法の多様化などで、優秀な人材を獲得するための企業間競争は激しくなると予想されています。

実際に採用が具体化した時、採用を行う手段として多くの企業が考えるのが、人材紹介会社です。一方、ダイレクト・リクルーティングは、企業が主体的に転職潜在層にアプローチすることが可能になるので、優秀な人材を獲得できると近年注目が集まっています。多くの企業で利用されている人材紹介会社と、ダイレクト・リクルーティングでは、どのような違いがあるのでしょうか。本資料では、人材紹介会社に任せていた採用業務を行うことで、社内に知見が蓄積され、自社の採用力の強化につながる「企業自らがアプローチできる人材データベース」について紹介します。

・加速する人材獲得競争
・人材紹介会社の利用状況など
・転職潜在層にアプローチできるダイレクト・リクルーティング
・それぞれの採用手法の違いを理解する
・それぞれの採用手法のメリット・デメリット
・ダイレクト・リクルーティングを支援する株式会社ビズリーチの提供サービス

資料情報

サービスカテゴリ 採用支援総務・人事向け担当者向け資料特集人材雇用・育成に関する特集
対象業種全企業
対象会社規模企業規模問わず
更新日2018年10月1日10:35:42

企業情報

企業名 株式会社ビズリーチ
株式会社ビズリーチのサムネイル
業種 サービス IT・広告・マスコミ
設立 2007年8月
従業員数 非公開
電話番号 03-6450-6220

»株式会社ビズリーチの詳細はこちら

他の資料を探す