「面接」と「面談」を使い分ける理由~効果的な質問事例50選~

本資料の概要

採用難の現代において、母集団形成は課題の一つです。
待っているだけでは候補者は集まりませんし、優秀な方と会うチャンスは少なくなります。

質の高い候補者をより多く集めるためには、採用したいと思う人材に
企業自ら積極的に声をかけて母集団を作っていく必要があるのです。

そして、その際に有用なのが「面談」です。

採用の場でよく行われるのは「面接」だと思いますが、
「面接」と「面談」を上手く使い分けることによって、
優秀な候補者の転職意欲を引き出し、母集団の質を高められるのです。

この資料では「面接」と「面談」とでは何が違うのか、
どのように使い分けるのとより効果的なのかをご紹介いたします。

本資料の詳細

1.「面接」と「面談」の使い分けについて
2.面談の具体的な流れについて
3.「面談」の魅力
4.「面接」で有用な質問50選

資料情報

サービスカテゴリ 採用支援総務・人事向け担当者向け資料特集人材雇用・育成に関する特集
対象業種全企業
対象会社規模企業規模問わず
更新日2018年9月5日17:30:22

企業情報

企業名 株式会社ビズリーチ
株式会社ビズリーチのサムネイル
業種 サービス IT・広告・マスコミ
設立 2007年8月
従業員数 非公開
電話番号 03-6450-6220

»株式会社ビズリーチの詳細はこちら

他の資料を探す