面接のトリセツ #1

本資料の概要

採用活動における課題の一つに、「面接官による評価のバラつき」があります。
面接の評価は個人の主観による部分が少なくなく、面接官によって評価・判断が
分かれるケースが起こりやすいものです。

この評価のズレによって、優秀な人材を逃してしまったり
期待に反した人材を採用してしまうリスクもあります。

本資料では、採用の判断基準を標準化するために
効果的な、面接法をご案内します。

効率的な面接を実施したい経営者・採用担当者様
「必見」の資料となっております。ぜひご一読ください。

本資料の詳細

1.「構造化面接法」は判断基準を標準化し、採用確度を飛躍的に高める
2.「行動面接」「状況面接」で候補者の志向と誠実さなどを見極める
3.候補者を公平に見極めるためのポイント
4.「構造化面接法」だけが正解ではない
5.リーダー候補を見極める「インシデントプロセス面接」
6.「インシデントプロセス面接」の魅力
7.「インシデントプロセス面接」の手順

資料情報

サービスカテゴリ 採用支援総務・人事向け担当者向け資料特集人材雇用・育成に関する特集
対象業種全企業
対象会社規模企業規模問わず
更新日2018年9月5日17:31:18

企業情報

企業名 株式会社ビズリーチ
株式会社ビズリーチのサムネイル
業種 サービス IT・広告・マスコミ
設立 2007年8月
従業員数 非公開
電話番号 03-6450-6220

»株式会社ビズリーチの詳細はこちら

他の資料を探す