人材教育と経営をつなげて 考える人の人間観・教育観~ 能力向上が目的化すると、教育は上手くいかない ~

本資料の概要

当社の社員(コンサルタント、営業担当)が出会った教育担当者は、今までに総勢10,000名を越えます。本当にプロ顔負けの見識をお持ちの方もいらっしゃいます。
その中からお1人、西川さん(仮名)という方にご協力いただき、「教育担当者の役割は何か?」「どういうスタンスで教育を企画したらいいのか?」など、想いを語っていただきました。
西川さんのお話の中から、御社の人材教育に活かせるヒントを掴んでいただければ幸いです。

本資料の詳細

<コンテンツ>
1.教育の大前提は、“人は変わることができる”という人間観
   ~ 教育の本質は、人の行動に“変化“を起こすこと ~
 
2.OJTに対する思い込みはないか?
   ~ 自己鍛錬 + 仕事の与え方 + キャリア ~
 
3.教育担当者の一番の喜びは何か?
   ~ 課題解決のストーリーを現場と共に歩む ~
 
4.研修機関とどう付き合うか?
   ~ ディスカッション・パートナー役を期待する ~
 
5.まとめ+α

※同業者の方のダウンロードは固くお断り致します。

資料情報

サービスカテゴリ 人材育成・社員研修
対象業種全企業
対象会社規模企業規模問わず
更新日2018年9月18日16:18:20

企業情報

企業名 株式会社マネジメントパートナー
株式会社マネジメントパートナーのサムネイル
業種 コンサル・会計・法務関連
設立 1999年4月1日
従業員数 17名
電話番号 03-5805-3671

»株式会社マネジメントパートナーの詳細はこちら

他の資料を探す