営業現場のOJTは機能していますか? ~ いかに顧客アプローチの質を上げ、接点量を増やすか ~

本資料の概要

OJT(On the Job Training:仕事を通じた指導育成)が人材育成の基本だと言われます。しかし、何かとOJTがやり難い昨今です。例えば、下記のようなお嘆きが・・・。
・ハラスメント、メンタル、残業規制 等、リーダーが気を遣うことが
 多過ぎる
・リーダーがプレイングマネジャーで忙しく部下の面倒を見ている
 時間がない
・ 足元の業績偏重で、人材育成が後回しになっている
 
営業現場のOJTについて、営業リーダー、営業企画部、営業責任者、人材開発の方々のお役に立てるレポートです。どうぞご覧になってください。

※同業者の方のダウンロードは固くお断り致します。

本資料の詳細

【コンテンツ】
1.営業への期待と現状
  ~戦略・組織・システム等、ハード面の整備が成果につながって
   いるか? ~

2.営業現場OJTの問題点
  ~「人が育つも育たないも上司次第」になっていないか? ~

3.SFAを活用したOJT
  ~ 事実データを共有してコミュニケーションを取る ~

4.OJTの限界を“補完”する営業研修
  ~ 営業研修が効果を発揮するのは、現場のPDSサイクルに組み
   込まれた時だけ ~

5.顧客訪問前・中・後での指導
  ~「いかに顧客アプローチの質を上げ、接点量を増やすか」が
    OJTのカギ ~

6.顧客訪問前・中・後でのOJTチェックリスト
  ~ 部下がより良い経験を積めるよう、マネジャーは適切に関わ
   ってあげる ~

※ 参考資料:成長できない営業パーソンの口グセ5連発

■ 終わりに

以上

資料情報

サービスカテゴリ CRM営業力強化人材育成・社員研修
対象業種全企業
対象会社規模企業規模問わず
更新日2018年10月29日11:28:34

企業情報

企業名 株式会社マネジメントパートナー
株式会社マネジメントパートナーのサムネイル
業種 コンサル・会計・法務関連
設立 1999年4月1日
従業員数 17名
電話番号 03-5805-3671

»株式会社マネジメントパートナーの詳細はこちら

他の資料を探す