人事制度改定・見直しのポイント② ~人事制度を点検する視点 ~

本資料の概要

企業間競争の激化、労働人口の減少に伴う人材獲得競争の激化、働き方改革関連法の成立を機に、従来の人事制度を見直す動きが加速しています。例えば、

・「目標管理制度の見直し」
・「職能資格制度から責任等級制度への移行」 ?「上下間でのキメ
  細かい面談制度の導入(1on1)」
・「ランク付けによる相対評価の廃止(ノーレイティング)」

等です。これは、現行制度をバージョンアップするチャンスと言え
ますが、人事部門の負荷が増したり、コストUPにつながりか
ねない状況もあるようです。
今回のレポートでは、人事制度の見直しに投資するコスト・エネルギーに見合ったリターンを得るための視点を整理してお伝えします。貴社で人事制度の見直しをご検討の際に、どうぞお役立てください。
※同業者の方のダウンロードは固くお断り致します。

本資料の詳細

【コンテンツ】

1.ウチの人事・評価制度はこのままでいいの?
  ~ 制度の見直しを“コスト”高にしないために ~
 
2.「ありたい姿」を実現する人事制度
  ~ 人と組織の「ありたい姿」と「基本条件」を整理する ~
 
3.4つの視点
  1)「人は世につれ、世は人につれ」
  2)法規制への対応
  3)どうやって「事業を支える人材」を調達するか
  4)どんな人材マネジメントを目指すのか
 
4.解決へのお手伝い
  ~ 貴社の“マネジメントパートナー”として ~

資料情報

サービスカテゴリ 人材育成・社員研修人事評価システム
対象業種全企業
対象会社規模企業規模問わず
更新日2018年10月31日17:20:53

企業情報

企業名 株式会社マネジメントパートナー
株式会社マネジメントパートナーのサムネイル
業種 コンサル・会計・法務関連
設立 1999年4月1日
従業員数 17名
電話番号 03-5805-3671

»株式会社マネジメントパートナーの詳細はこちら

他の資料を探す