【調査レポート】「研修効果を高めるための取り組みに関するアンケート調査 」~ 各社の取り組み実態と問題意識を共有する ~

本資料の概要

【この調査について】
研修効果を高めるためには、下記3点がポイントだと言われます。
① 研修が“やりっ放し”にならないよう、研修前・中・後のストーリー
で企画する
② 研修中の満足度だけでなく、研修後の現場での行動変容を見る
③ 受講者の行動変容とその継続のために上司を巻き込む
* それらの背景として「40:20:40の法則」という説が唱えられ
ている

しかし「こうすれば必ず効果が高まる」という正解があるわけではありません。各社で様々な試行錯誤を続けているのが現実だと思います。「人材開発の課題は何か?」「力を入れて育成したい対象層はどこか?」「社員に身に付けてほしい能力は何か?」といった調査レポートはしばしば見かけますが、「研修効果を高めるための取り組み」に関する調査レポートはあまり見たことがありません。あったとしても、概念的な話にとどまっており、人事教育担当者の生々しい声はあまり公に語られていません。

そこで今回、「研修効果を高める」ための各社での取り組み実態を明らかにすると同時に、人事教育担当者の生々しい声を共有し、研修効果を高めるためのヒントをご提供したいという想いでこの調査レポートを発行しました。今回の調査レポートは、200名近い方々のアンケートデータが基になっています。ご協力いただいた皆様に厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございます。
※同業者の方のダウンロードは固くお断り致します。
このレポートが、御社での研修効果を高める一助になれば幸いです。

本資料の詳細

調査概要】
・調査対象:上場及び非上場企業の人事責任者・担当者

・調査方法:Webアンケート(HRプロアンケート上)

・調査期間:2018年10月26日~11月8日

・有効回答:194件

・回答企業の企業規模別社数と構成比
1001名以上    56社(29%)
 301名から1000名  49社(25%)
 300名以下      89社(46%)
 合計        194社(100%)

資料情報

サービスカテゴリ 人材育成・社員研修
対象業種全企業
対象会社規模企業規模問わず
更新日2018年11月30日16:44:51

企業情報

企業名 株式会社マネジメントパートナー
株式会社マネジメントパートナーのサムネイル
業種 コンサル・会計・法務関連
設立 1999年4月1日
従業員数 17名
電話番号 03-5805-3671

»株式会社マネジメントパートナーの詳細はこちら

他の資料を探す