とれわかに掲載中の新着資料

2054ページ / 21ページ中

事業戦略実行力強化プログラム(ミドルマネージャー対象)~中計実現のキーマンとして、マネジメント行動を変える ~

<概要> 「中計が画に描いた餅」「ミドルマネジャーが中計実現のボトルネックになっている」 経営者からよく聞く嘆きです。 この問題を解決するには、ミドルマネジャー(管理職)のマネジメント力強化が不可欠です。 ●上位方針を踏まえ、自部署が取り組むべき重点課題を設定し実現  行動シナリオを策定する。 ●マネジメントサイクルを回して人と組織を動かして成果を上げる  経験を積みながら、マネジャーとして一皮むける経験を積む(「事業計画の達成」と「マネジャーの成長」を同時追求する)。 ●マネジメント実務を題材に進める実践プログラム。 ※一過性の“お勉強”“やりっ放し”の研修ではなく、現場での実行を  コミットして取り組む。

賢い母集団の作り方ガイドブック ~コストを削減しながら、若手優秀人材を確実に採用する~

採用活動にはさまざまな悩みや課題がつきものです。特に、採用活動の根幹をなす「母集団形成」に関する課題は切実です。人材獲得競争が激化している現在において、採用活動の成功につながる、より精度の高い母集団形成施策を実行するためには、自社の課題やニーズを整理し、適切に把握することが肝要です。 そこで本資料では、はじめに母集団形成における課題を自己診断できる「3つのチェックシート」をご用意しました。ひとつずつチェックしていくことで、これまでの母集団形成施策のどこに課題があるのか、洗い出すことができるでしょう。 また、チェックシートで明らかになった課題に対して、実際の事例をもとに具体的な解決策のヒントをご紹介していきます。

御社に、研修の 「定着戦略」はありますか?3 ~ 社内の仕組み/ツール/場と研修を連結させる ~

お役立ちレポート「研修の定着戦略」シリーズ第3弾です。 研修実施後の行動変容促進・望ましい行動の継続(定着)に向けて、各社で様々な工夫がなされています。今回のレポートでは、私どもが研修をお手伝いした企業の定着への取り組み事例を4つ紹介します。各事例に共通するのは、社内の制度や仕組み/ツール/場といったオペレーションと研修とを連結させている点です。    御社の「研修の投資効果」を高める一助にお役立てください。 ※同業者の方のダウンロードは固くお断り致します。

人材教育と経営をつなげて 考える人の人間観・教育観~ 能力向上が目的化すると、教育は上手くいかない ~

当社の社員(コンサルタント、営業担当)が出会った教育担当者は、今までに総勢10,000名を越えます。本当にプロ顔負けの見識をお持ちの方もいらっしゃいます。 その中からお1人、西川さん(仮名)という方にご協力いただき、「教育担当者の役割は何か?」「どういうスタンスで教育を企画したらいいのか?」など、想いを語っていただきました。 西川さんのお話の中から、御社の人材教育に活かせるヒントを掴んでいただければ幸いです。

新人の導入教育設計のポイント~ ティーチング要素とラーニング要素を組み合わせる ~

学生の売り手市場が続く中、採用活動の苦労が絶えません。 苦労して採った貴重な人材を組織貢献できる人財に育て・定着させるための試行錯誤は続きます。 今回のレポートでは、「新人の導入教育を設計する際のポイント」を、事例を交えてお伝えします。 御社の「新入社員の育成と定着化」の一助にお役立てください。 ※同業者の方のダウンロードは固くお断りさせていただきます。

2054ページ / 21ページ中