とれわかに掲載中の新着資料

1611ページ / 17ページ中

100社分の企業リストを1分で作る方法

テレコール、メールマーケティングを行うのに必須の企業リスト。 でもいちいち手作業で作っていると、 リスト作成だけで何時間もかかってしまいます。 トライベックが提供するソーシャル企業情報は、 選択欄にチェックをつけるだけで、 一瞬でリスト作成ができる営業支援ツールです。 圧倒的なコストパフォーマンスと質の高いリスト情報を提供し 「新たな顧客発見の扉を開く」ツールをご提供いたします。

一回目の緊急事態宣言、総務の働き方はどうだったのか?

日本で唯一の管理部門向け専門雑誌『月刊総務』が運営するメディア『月刊総務オンライン』が 総務担当者に向けて行った、緊急事態宣言下の働き方についてのアンケート結果。 リモートワークに対応できていたか? 対応ができなかった、難しかった業務はなにか? など、現場の実態の解説付きです

本音の対話ができていますか?~1on1ミーティングの効果を高めるコツ~

1on1流行りですが、御社では、本音の対話ができていますか? 1on1ミーティングを実施しても、マネジャー・メンバーお互い が本音で話し合わなければ、形だけのものになってしまいます。 お互いが「ぶっちゃけて」話すからこそ、有意義な対話になる のではないでしょうか? このレポートを「対話による人材育成・組織活性化」にお役立て いただければ幸いです。

【勤怠課長クラウド】ソフトウェア&サービス

【勤怠自動集計と残業削減効果でコスト削減!-従業員数50名より】 ワンランク上の勤怠システムです。 人事や給与システムとのデータ連携、勤怠以外にも使える申請/承認ワークフロー。 テレワークGPS打刻・体温測定AI顔認証打刻。ICカードからバイオ認証まで選択できる打刻システム。 シフト管理は無制限のパターン。 36協定・週40時間超・過重労働防止のアラート機能。 入力画面や帳票フォームなどカスタマイズを実現、操作トレーニングの提供。 どれもワンランク上のシステムをご案内!!

オンラインで営業研修をやってみた

知識インプット中心の座学ではなく、ロールプレイ中心のワーク ショップ型営業研修を、オンラインと集合研修のハイブリッドで 実施するとどうなるか? 現在進行中の営業力強化プロジェクト の途中経過レポートです。 貴社の営業力強化・営業改革の一助にお役立てください。

お役立ちレポート「チェンジリーダー育成のすすめ」

◆ リーダーシップ変革で人づくり・組織づくりを考えよう ◆  現場を切り盛りするリーダーの「あり方」が問われています。  その背景には「個人と組織の関係」「働く人たちの価値観」  「働き方そのもの」「組織風土」等の変化があります。  新型コロナウィルスの影響で、変化のスピードは更に高速化  しました。このような中・・・、  ・リーダーのあり方はどう変わっていくのか?    ・今後期待されるリーダーを輩出するためには、どのような   点を押さえて育成すれば良いか  についてお伝えします。  コロナショックが私たちに突き付けたものは何だったか? を  洞察すると、次の3点に集約されると思います。  ①隠れていた問題が白日の下に晒される   ・・・ 先送りにされてきた問題が一気に露呈する  ②問題の深刻さを加速させる   ・・・「このままいくと本当にマズイ」という危機感が高まる  ③なくても何とかなるものorないと困るものの峻別が始まる   ・・・ 本物だけが残る  ※ 貴社では「チェンジ(変化)を産み出せる本物のリーダー」    は育っていますか? ご興味のある方はどうぞダウンロードしてご覧ください。 士業の方、同業コンサルの方はご遠慮いただいております。

企業の持続的発展のキーマンである中堅社員はこうやって育てよう!

◆ 近未来のリーダー・マネジャーの予備軍をストックする ◆  中堅社員は企業の次代を担う人材として重要な位置にいます。  中堅社員時代の仕事経験の積み方次第で、その後リーダー・  マネジャーとして活躍できるかどうかの差が出ます。  このレポートでは、  ・中堅社員は現状どのようなことで躓いているのか?  ・中堅社員が組織の中核人材として活躍するためには何が   必要なか(中堅社員の成長課題、上司の関わり方)?  についてお伝えします。  中堅社員育成のカギをこのレポートで手に入れてください。  気になる方は資料をダウンロードしてご覧ください。  *士業、コンサルタントの方はご遠慮ください。

2020年度 新入社員の傾向と指導法

◆ 今年の新入社員の早期戦力化にお役立てください ◆ 2020年4月入社の新入社員研修を担当して実感したことを基に、 「新人を指導する立場にある上司や先輩社員は、新人とどう関わ ったら良いか?」をまとめたレポートです。 新人指導の一助にご活用ください。 適切な指導を行う第一歩は、新人の傾向を知ることです。 私たち上司・先輩が新人だった頃と現在とでは、世の中の状況も、 新人の傾向も大きく異なります(コロナショックの今年は特に)。 「新人の傾向を知る ⇒ 指導ポイントを掴む ⇒ 新人を適切に指導 する」というステップを踏んでいきましょう。 *士業の方、人事教育系のコンサルの方のダウンロードはご遠慮  ください。

1611ページ / 17ページ中