人材育成・社員研修・採用支援・勤怠管理に関する資料。【人事向け】

人事担当者向けの資料に関するこちらのページでは、人材育成、社員研修や新卒採用・中途採用、勤怠管理まであらゆる人事まわりの課題解決に関わる資料を無料でダウンロードが可能です。
人事向け資料のバナー
451ページ / 5ページ中

「1on1ミーティング(対話)」 による人材マネジメントのポイント②~マネジャーのマインドセットとアクションの改造~

「1on1ミーティング」という言葉が近年注目され、「対話」よる人材マネジメントを自社の現場に「制度」として導入する企業が増えています。こうした制度導入が活発化している背景には、「VUCA」と呼ばれる時代背景や「終身雇用・年功序列」の崩壊など、コミュニケーションの重要性が増してきていることが挙げられます。 しかし、こういった「対話」の重要性は分かっているものの、職場では「対話」の実践が継続せず、なかなか「定着」しないという声もお聞きします。そこで、その原因として考えられる3つの問題の一つ「マネジャー」についてヒントをお伝えします。 気になる方は、是非ダウンロードの上ご覧ください。

「1on1ミーティング(対話)」 による人材マネジメントのポイント①~「対話による人材マネジメント」を現場に定着させるための「運用」のコツ~

「1on1ミーティング」という言葉が近年注目され、「対話」よる人材マネジメントを自社の現場に「制度」として導入する企業が増えています。こうした制度導入が活発化している背景には、「VUCA」と呼ばれる時代背景や「終身雇用・年功序列」の崩壊など、コミュニケーションの重要性が増してきていることが挙げられます。 しかし、こういった「対話」の重要性は分かっているものの、職場では「対話」の実践が継続せず、なかなか「定着」しないという声もお聞きします。そこで、その原因として考えられる3つの問題の一つ「運用」についてヒントをお伝えします。 気になる方は、是非ダウンロードの上ご覧ください。

組織の生産性を向上させるコミュニケーションを設計する②~制限するのか?それとも促進するのか?~

「経営課題の解決のカギはコミュニケーションにあり」 エンゲージメントの向上、離職率の低下、人事・評価制度の改訂等、様々な経営課題が次々に出てくる昨今ですが、これらの課題解決への決め手は「コミュニケーションにあり」ということは衆知の事実として知られています。 また、コミュニケーションに関する研究成果の中から「生産性」と「コミュニケーション」の間には相関関係があることも分かってきています。こういった背景の中で、多くの企業でコミュニケーションを活発化させようと様々なコミュニケーション施策も導入が進んできています。 今回のレポートでは、導入した施策で「どうすれば効果を出せるのか?」留意すべき設計の工夫についてお伝えします。

【改訂版】研修投資が”もったいない”ことになっていませんか?~「元が取れてる」会社と「損してる」会社の違い~

人材獲得競争が激化し、働き方改革の実効が問われる昨今、いかに人材を育て生産性を高めていくかは、ますます重要な経営課題になっています。経営者から「人材は育っているか? 研修効果は上がっているか?」と問われることもあると思います。貴重なお金と時間を使って研修を実施するのですから、少しでも効果を高めたいものです。 お役立ちレポート『研修投資が“もったいない”ことになっていませんか?』は2018年4月に発行され、多くの方にご愛読いただきました。 2018年11月には、「研修効果を高めるための取り組みに関するアンケート調査」を行い調査レポートを発行しました。 その後、「研修効果を高めるため」の知見が増えてまいりましたので、「改訂版」として発行いたします。研修効果を高めるために、研修担当者としてどう考え、何をしたら良いか?実務的なヒントをお届けします。

研修効果測定の基本と基礎②~「研修満足度」を高めるための5つのポイント~

研修効果測定の方法としてよく知られているのが、カークパトリックの「4段階評価モデル」です。レベル1(反応)⇒レベル2(学習)⇒レベル3(行動・態度)⇒レベル4(結果)、この一連の関係性を「ドミノ倒し」に例えると、最初のドミノに相当するのが、レベル1の『反応』です。このレベル1の『反応』について、受講者が満足する研修とはどんな研修か?受講者を満足させるにはどのようなことを心がければ良いのか? 気になる方は、ぜひダウンロードの上ご覧ください!

3分でわかるビズリーチ

2009年の創業から、日本の転職市場に新たな選択肢と可能性を創り出してきたビズリーチ。 他の転職サイトとは、何が違うのでしょうか。 12,000社以上(※)に選ばれた「ビズリーチ・ダイレクト」の特長を紹介いたします。 ※累計利用企業数(2019年12月時点)

組織の生産性を向上させるコミュニケーションを設計する ~個人のスキル依存からの脱却~

「経営課題の解決のカギはコミュニケーションにあり」 エンゲージメントの向上、離職率の低下、人事・評価制度の改訂等、様々な経営課題が次々に出てくる昨今ですが、これらの課題解決への決め手は「コミュニケーションにあり」です。

451ページ / 5ページ中