人材育成・社員研修・採用支援・勤怠管理に関する資料。【人事向け】

人事担当者向けの資料に関するこちらのページでは、人材育成、社員研修や新卒採用・中途採用、勤怠管理まであらゆる人事まわりの課題解決に関わる資料を無料でダウンロードが可能です。
人事向け資料のバナー
521ページ / 6ページ中

企業の持続的発展のキーマンである中堅社員はこうやって育てよう!

◆ 近未来のリーダー・マネジャーの予備軍をストックする ◆  中堅社員は企業の次代を担う人材として重要な位置にいます。  中堅社員時代の仕事経験の積み方次第で、その後リーダー・  マネジャーとして活躍できるかどうかの差が出ます。  このレポートでは、  ・中堅社員は現状どのようなことで躓いているのか?  ・中堅社員が組織の中核人材として活躍するためには何が   必要なか(中堅社員の成長課題、上司の関わり方)?  についてお伝えします。  中堅社員育成のカギをこのレポートで手に入れてください。  気になる方は資料をダウンロードしてご覧ください。  *士業、コンサルタントの方はご遠慮ください。

2020年度 新入社員の傾向と指導法

◆ 今年の新入社員の早期戦力化にお役立てください ◆ 2020年4月入社の新入社員研修を担当して実感したことを基に、 「新人を指導する立場にある上司や先輩社員は、新人とどう関わ ったら良いか?」をまとめたレポートです。 新人指導の一助にご活用ください。 適切な指導を行う第一歩は、新人の傾向を知ることです。 私たち上司・先輩が新人だった頃と現在とでは、世の中の状況も、 新人の傾向も大きく異なります(コロナショックの今年は特に)。 「新人の傾向を知る ⇒ 指導ポイントを掴む ⇒ 新人を適切に指導 する」というステップを踏んでいきましょう。 *士業の方、人事教育系のコンサルの方のダウンロードはご遠慮  ください。

特集レポート「オンラインでリーダー研修をやってみた!」

◆「集合研修 or オンライン」ではなく、  「両者の掛け合わせ(ハイブリッド)」で◆ 新型コロナウイルスの影響で、3密(密閉/密集/密接)リスク 回避が叫ばれる中、研修開催方法の見直しは “待ったなし” です。 そこで注目されるのがオンラインシステムを使った研修ですが、 「オンライン研修は集合研修の代わりになる」とか、 「集合研修ができないから、その妥協策としてオンラインで開催 する」という発想ではなく、今回のコロナショックを契機に、よ り良い研修開催方法を考えていきましょう。 このレポートは、研修開催が1ヶ月後に迫った企業の研修担当者・ 人材開発責任者と私どもの打ち合わせ経緯をまとめたものです。 「リーダー育成は大事だが、集合研修の開催は難しい。 このご時世に、リーダー研修をオンラインで開催するとどんな 感じになるのか?」 そんな問題意識をお持ちの方方々のお役に立てる資料です。 *研修コンサル・士業の方はご遠慮ください。

特集レポート「オンラインで新入社員研修をやってみた!」

★「オンラインで新入社員研修をやってみた!」  コロナウイルス問題で集合研修が実施困難な中、オンライン  システムを使って新入社員研修を実施しました。  「オンライン(Web会議システム)だと知識伝達はできるが  研修参加者の意識改革は難しいのではないか?」ということ  を危惧される方もいらっしゃいますが、今回実施したところ、  けっこう深いところでの「気づき、意識改革、行動変容」に  つながったという手応えがありました。  ライブ(生)で集まる研修には敵わない部分と、  オンラインだからこそ、逆に良かった部分と、両方あります。  どんな様子だったのか? をお伝えします。  また、新入社員の現場配属後の課題についてもレポート後半  でお伝えしています。  「新入社員の早期戦力化」に関心のある方、どうぞご覧くだ  さい。  *研修コンサル・士業の方はご遠慮ください。

「新入社員の育成・定着」応援メニュー

◆2020年度の新入社員のモチベーションが気がかり◆ 「新型コロナウイルス問題の影響で、導入教育の変更 (中止・延期・期間短縮・規模縮小・内容変更)を 余儀なくされ、 十分な教育を施せない」といったお話をよくお聴きします。 そのような状況の中では、新入社員はもとより、 人事側・受け入れ側(現場)にも、さまざまな問題が 起こることが想定されます。 そんな先が見通せない状況下において、 「新入社員の不安を少しでも軽減させたい」、 「受け入れ側の負担を少しでも軽減させたい」などといった 問題意識をお持ちの育成責任者の方々のために 「新入社員の育成・定着」応援メニューをご用意しました。 集合研修での教育が難しくなっている今、オンラインでの実施や デジタルツールを活用したメニューもご用意しております。 「新入社員の早期戦力化」にお役立ていただければ幸いです。

新入社員教育に関する緊急アンケート調査レポート

◆他社では新入社員教育をどう考えているか?◆ 「新型コロナウイルス問題の影響で、導入教育の変更(中止・  延期・期間短縮・規模縮小・内容変更)を 余儀なくされ、  十分な教育を施せない」といったお話をよくお聴きします。  そのような状況の中では、新入社員はもとより、人事側・  受け入れ側(現場)にも、さまざまな問題が起こることが  想定されます。そんな先が見通せない状況下において、  各社「どういう対応をしている(しようとしている)のか?」  声を集めるべく、緊急アンケートを実施しました。  入社後の教育をより良いものにするためのヒントにしていただ  ければ幸いです。

営業パーソンの成長ステップづくり

◆御社の若手営業パーソンは順調に育っていますか?◆ 「若手営業パーソンの育成に苦労している」・・・業種業界を問わず  よく耳にするフレーズです。 「OJTをやっている、研修もやっている、営業支援システムも入れた」  それでもなお、営業パーソンが思うように育たない。  そんな問題意識をお持ちの、営業本部長、営業企画部長、育成  責任者の方々、お役に立てるヒントが掴めるかもしれません。  新型コロナウイルス問題で、今各社たいへんな状況かと思いま  す。お客様訪問が制限される、リーダーと営業パーソンの面談  も実施し難い、研修も十分できない・・・。  こんな時だからこそ、腰を据えて、御社の営業パーソンの成長  ステップを描いていきませんか!

3分でわかるビズリーチ

2009年の創業から、日本の転職市場に新たな選択肢と可能性を創り出してきたビズリーチ。 他の転職サイトとは、何が違うのでしょうか。 12,800社以上(※)に選ばれた「ビズリーチ・ダイレクト」の特長を紹介いたします。 ※累計導入企業数:2020年2月末時点

「1on1ミーティング(対話)」 による人材マネジメントのポイント②~マネジャーのマインドセットとアクションの改造~

「1on1ミーティング」という言葉が近年注目され、「対話」よる人材マネジメントを自社の現場に「制度」として導入する企業が増えています。こうした制度導入が活発化している背景には、「VUCA」と呼ばれる時代背景や「終身雇用・年功序列」の崩壊など、コミュニケーションの重要性が増してきていることが挙げられます。 しかし、こういった「対話」の重要性は分かっているものの、職場では「対話」の実践が継続せず、なかなか「定着」しないという声もお聞きします。そこで、その原因として考えられる3つの問題の一つ「マネジャー」についてヒントをお伝えします。 気になる方は、是非ダウンロードの上ご覧ください。

521ページ / 6ページ中