とれわか厳選!総務・人事担当者向け

こちらの総務・人事担当者向け特集ページでは、クラウド型業務システム、紙の給与明細書をデータ化し、Webで確認するサービスなどコスト削減に役立つあなたのビジネスの目的に合った資料を無料でダウンロードできます。
特集・ランキング資料のバナー
321ページ / 4ページ中

面接のトリセツ #2

面接で優秀だと判断した人材が、入社後、期待したほどの成果を出せなかった。 このような苦い経験をお持ちの人事・採用担当者様も、多いのではないでしょうか。 こうした入社前後のギャップを防ぐために 「その素質を見抜く面接を、いかに効率的に行うか」は 大きなテーマであるといえます。 本資料では、効率的な面接を実施するために 「コンピテンシー面接」と「プレゼンテーション面接」の 2つの手法をご紹介します。 効率的な面接を実施したい経営者・採用担当者様 「必見」の資料となっております。ぜひご一読ください。

面接のトリセツ #1

採用活動における課題の一つに、「面接官による評価のバラつき」があります。 面接の評価は個人の主観による部分が少なくなく、面接官によって評価・判断が 分かれるケースが起こりやすいものです。 この評価のズレによって、優秀な人材を逃してしまったり 期待に反した人材を採用してしまうリスクもあります。 本資料では、採用の判断基準を標準化するために 効果的な、面接法をご案内します。 効率的な面接を実施したい経営者・採用担当者様 「必見」の資料となっております。ぜひご一読ください。

「面接」と「面談」を使い分ける理由~効果的な質問事例50選~

採用難の現代において、母集団形成は課題の一つです。 待っているだけでは候補者は集まりませんし、優秀な方と会うチャンスは少なくなります。 質の高い候補者をより多く集めるためには、採用したいと思う人材に 企業自ら積極的に声をかけて母集団を作っていく必要があるのです。 そして、その際に有用なのが「面談」です。 採用の場でよく行われるのは「面接」だと思いますが、 「面接」と「面談」を上手く使い分けることによって、 優秀な候補者の転職意欲を引き出し、母集団の質を高められるのです。 この資料では「面接」と「面談」とでは何が違うのか、 どのように使い分けるのとより効果的なのかをご紹介いたします。

321ページ / 4ページ中