マネジメントに関する特集

特集・ランキング資料のバナー
91ページ / 1ページ中

お役立ちレポート「チェンジリーダー育成のすすめ」

◆ リーダーシップ変革で人づくり・組織づくりを考えよう ◆  現場を切り盛りするリーダーの「あり方」が問われています。  その背景には「個人と組織の関係」「働く人たちの価値観」  「働き方そのもの」「組織風土」等の変化があります。  新型コロナウィルスの影響で、変化のスピードは更に高速化  しました。このような中・・・、  ・リーダーのあり方はどう変わっていくのか?    ・今後期待されるリーダーを輩出するためには、どのような   点を押さえて育成すれば良いか  についてお伝えします。  コロナショックが私たちに突き付けたものは何だったか? を  洞察すると、次の3点に集約されると思います。  ①隠れていた問題が白日の下に晒される   ・・・ 先送りにされてきた問題が一気に露呈する  ②問題の深刻さを加速させる   ・・・「このままいくと本当にマズイ」という危機感が高まる  ③なくても何とかなるものorないと困るものの峻別が始まる   ・・・ 本物だけが残る  ※ 貴社では「チェンジ(変化)を産み出せる本物のリーダー」    は育っていますか? ご興味のある方はどうぞダウンロードしてご覧ください。 士業の方、同業コンサルの方はご遠慮いただいております。

「1on1ミーティング(対話)」 による人材マネジメントのポイント②~マネジャーのマインドセットとアクションの改造~

「1on1ミーティング」という言葉が近年注目され、「対話」よる人材マネジメントを自社の現場に「制度」として導入する企業が増えています。こうした制度導入が活発化している背景には、「VUCA」と呼ばれる時代背景や「終身雇用・年功序列」の崩壊など、コミュニケーションの重要性が増してきていることが挙げられます。 しかし、こういった「対話」の重要性は分かっているものの、職場では「対話」の実践が継続せず、なかなか「定着」しないという声もお聞きします。そこで、その原因として考えられる3つの問題の一つ「マネジャー」についてヒントをお伝えします。 気になる方は、是非ダウンロードの上ご覧ください。

「1on1ミーティング(対話)」 による人材マネジメントのポイント①~「対話による人材マネジメント」を現場に定着させるための「運用」のコツ~

「1on1ミーティング」という言葉が近年注目され、「対話」よる人材マネジメントを自社の現場に「制度」として導入する企業が増えています。こうした制度導入が活発化している背景には、「VUCA」と呼ばれる時代背景や「終身雇用・年功序列」の崩壊など、コミュニケーションの重要性が増してきていることが挙げられます。 しかし、こういった「対話」の重要性は分かっているものの、職場では「対話」の実践が継続せず、なかなか「定着」しないという声もお聞きします。そこで、その原因として考えられる3つの問題の一つ「運用」についてヒントをお伝えします。 気になる方は、是非ダウンロードの上ご覧ください。

【経営者・事業責任者の方必見】御社の経営計画実行力を強化する7つのポイント

✔経営計画や方針が本当に現場に浸透しているか? ✔現場の動きが経営計画や方針の意図した方向へ変わっているか? ✔経営計画や方針が「絵に描いた餅」になっている! 株式会社マネジメントパートナーが創業から19年間、現場レベルのコンサルティングで掴んだノウハウから、実務的なヒントをお届けします。 巻末には「経営計画実行力を強化する」ためのチェックリストを用意しましたの、どうぞご活用ください。

あの「インターポール」が完全ペーパレス化を実現!DX賞を受賞したそのECMとは?

インターポール(国際刑事警察機構 )がDX:デジタルトランスフォーメーション賞を受賞した、その受賞のきっかけとなったECM(エンタープライズ・コンテンツ管理)製品がフランス生まれの文書管理システムであるCincom ECM(シンコム・イーシーエム)です。この製品は横河電機などの国際市場で活躍するグローバル・カンパニーで採用されています。

【組織開発のリーダー養成!】チームビルディングキャンプ

チームビルディングに必要な2つのサイクル:経験学習サイクルと関係性構築サイクル こうした経験学習サイクルおよび関係性構築サイクルを個人および組織にビルドインすることで、 継続的な成長を創造するチームを作り上げることができる。 このチーム作りをリードする変革エージェントを養成するプログラムです。

生産性向上のカギを握るモチベーション改革 - 「働き方改革」は1人1人の「マインド改革」から

★現場の社員は“当事者意識”を持って取り組んでいますか? 「働き方改革」に対する問題意識は日増しに高まっていますが、 実際の働き手である現場社員の取り組み意欲はいかがでしょうか? 現場が“ヤラサレ”意識では生産性向上の知恵は湧かず、働き方改革 は行き詰まってしまいます。 このレポートでは、社員の主体的・意欲的な取り組みを促すための 実務的なヒントをお届けします。

【経営者・人事責任者 必見】生産性向上のカギを握るマネジメント改革

生産性向上のカギを握るのは、管理職のマネジメントです。 ところが、その管理職が生産性向上の“ボトルネック”になっているケースが少なくありません。生産性を向上させるためには、「マネジメント改革」と「人材育成(能力開発)」が不可欠です。 株式会社マネジメントパートナーが創業から19年間、現場レベルのコンサルティングで掴んだノウハウから、実務的なヒントをお届けします。 巻末には「マネジメントの急所」チェックリストを用意しましたので、どうぞご活用ください。

【勤怠課長クラウド】ソフトウェア&サービス

【勤怠自動集計と残業削減効果でコスト削減!-従業員数20名より】  ワンランク上の勤怠システムです。 人事や給与システムとのデータ連携、勤怠以外にも使える申請/承認ワークフロー。 ICカードからバイオ認証まで選択できる打刻システム。 シフト管理は無制限のパターン。 36協定・週40時間超・過重労働防止のアラート機能。 どれもワンランク上のシステムをご案内!!

91ページ / 1ページ中