人材雇用・育成に関する特集

特集・ランキング資料のバナー
151ページ / 2ページ中

「1on1ミーティング(対話)」 による人材マネジメントのポイント②~マネジャーのマインドセットとアクションの改造~

「1on1ミーティング」という言葉が近年注目され、「対話」よる人材マネジメントを自社の現場に「制度」として導入する企業が増えています。こうした制度導入が活発化している背景には、「VUCA」と呼ばれる時代背景や「終身雇用・年功序列」の崩壊など、コミュニケーションの重要性が増してきていることが挙げられます。 しかし、こういった「対話」の重要性は分かっているものの、職場では「対話」の実践が継続せず、なかなか「定着」しないという声もお聞きします。そこで、その原因として考えられる3つの問題の一つ「マネジャー」についてヒントをお伝えします。 気になる方は、是非ダウンロードの上ご覧ください。

「1on1ミーティング(対話)」 による人材マネジメントのポイント①~「対話による人材マネジメント」を現場に定着させるための「運用」のコツ~

「1on1ミーティング」という言葉が近年注目され、「対話」よる人材マネジメントを自社の現場に「制度」として導入する企業が増えています。こうした制度導入が活発化している背景には、「VUCA」と呼ばれる時代背景や「終身雇用・年功序列」の崩壊など、コミュニケーションの重要性が増してきていることが挙げられます。 しかし、こういった「対話」の重要性は分かっているものの、職場では「対話」の実践が継続せず、なかなか「定着」しないという声もお聞きします。そこで、その原因として考えられる3つの問題の一つ「運用」についてヒントをお伝えします。 気になる方は、是非ダウンロードの上ご覧ください。

組織の生産性を向上させるコミュニケーションを設計する②~制限するのか?それとも促進するのか?~

「経営課題の解決のカギはコミュニケーションにあり」 エンゲージメントの向上、離職率の低下、人事・評価制度の改訂等、様々な経営課題が次々に出てくる昨今ですが、これらの課題解決への決め手は「コミュニケーションにあり」ということは衆知の事実として知られています。 また、コミュニケーションに関する研究成果の中から「生産性」と「コミュニケーション」の間には相関関係があることも分かってきています。こういった背景の中で、多くの企業でコミュニケーションを活発化させようと様々なコミュニケーション施策も導入が進んできています。 今回のレポートでは、導入した施策で「どうすれば効果を出せるのか?」留意すべき設計の工夫についてお伝えします。

【改訂版】研修投資が”もったいない”ことになっていませんか?~「元が取れてる」会社と「損してる」会社の違い~

人材獲得競争が激化し、働き方改革の実効が問われる昨今、いかに人材を育て生産性を高めていくかは、ますます重要な経営課題になっています。経営者から「人材は育っているか? 研修効果は上がっているか?」と問われることもあると思います。貴重なお金と時間を使って研修を実施するのですから、少しでも効果を高めたいものです。 お役立ちレポート『研修投資が“もったいない”ことになっていませんか?』は2018年4月に発行され、多くの方にご愛読いただきました。 2018年11月には、「研修効果を高めるための取り組みに関するアンケート調査」を行い調査レポートを発行しました。 その後、「研修効果を高めるため」の知見が増えてまいりましたので、「改訂版」として発行いたします。研修効果を高めるために、研修担当者としてどう考え、何をしたら良いか?実務的なヒントをお届けします。

研修効果測定の基本と基礎②~「研修満足度」を高めるための5つのポイント~

研修効果測定の方法としてよく知られているのが、カークパトリックの「4段階評価モデル」です。レベル1(反応)⇒レベル2(学習)⇒レベル3(行動・態度)⇒レベル4(結果)、この一連の関係性を「ドミノ倒し」に例えると、最初のドミノに相当するのが、レベル1の『反応』です。このレベル1の『反応』について、受講者が満足する研修とはどんな研修か?受講者を満足させるにはどのようなことを心がければ良いのか? 気になる方は、ぜひダウンロードの上ご覧ください!

組織の生産性を向上させるコミュニケーションを設計する ~個人のスキル依存からの脱却~

「経営課題の解決のカギはコミュニケーションにあり」 エンゲージメントの向上、離職率の低下、人事・評価制度の改訂等、様々な経営課題が次々に出てくる昨今ですが、これらの課題解決への決め手は「コミュニケーションにあり」です。

【経営者・事業責任者の方必見】御社の経営計画実行力を強化する7つのポイント

✔経営計画や方針が本当に現場に浸透しているか? ✔現場の動きが経営計画や方針の意図した方向へ変わっているか? ✔経営計画や方針が「絵に描いた餅」になっている! 株式会社マネジメントパートナーが創業から19年間、現場レベルのコンサルティングで掴んだノウハウから、実務的なヒントをお届けします。 巻末には「経営計画実行力を強化する」ためのチェックリストを用意しましたの、どうぞご活用ください。

【経営者・営業責任者・人事教育責任者の方必見】研修成果を上げる7つのポイント

経営者・営業責任者・人事教育責任者から下記のような声をお聞きします。 ☑ 多くの受講者が“勉強になった”とアンケートには書くが、効果が一時的。 ☑ 研修中は盛り上がり、その気になるが、現場での行動が変わらない。 ☑ 実践が伴わない、その場限りの研修はもう御免だ。 ☑ もっと実のある経営に直結する研修を考えたい。 * 「貴重な教育予算、もっと有効に使っていただきたい」という私たちの 想いから生まれた、研修を企画・実施する前に知っておきたい「虎の巻」です。

人事教育責任者必見! 若手社員 早期育成のポイント

人事教育責任者から下記のような声をお聞きします。 ☑ 苦労して採った新人・若手に、早く育ってほしい。 ☑ 指示された最低限の仕事はやるがそれ以上の工夫が見られない。 ☑ 仕事が上手くいかないと周囲のせいにする(他責思考グセ)。 ☑ 少し厳しめに指導するとすぐに辞めてしまう。 ☑ 業務知識・スキルの教育も大事だが、それを活かす前提が崩れ  ているような気がする。 ☑ 若手が育ってくれないと、会社も先細っていってしまう。 今や若手社員の早期戦力化は、企業の死活問題であり、 経営の最重要課題と言っても過言ではありません。 「最近の若者はゆとり世代だから・・・」と嘆いていても、 何の問題解決にもなりません。 この資料をお読みいただき、実践につがるヒントを掴んで いただきたいと思います。

151ページ / 2ページ中